4862b70167941165d83866e876678d15_s

プラセンタは医薬品ではなく健康補助食品のカテゴリーなので、医薬品と比べると重大な副作用の心配はほぼ起こらないと考えられています。

馬や豚由来のプラセンタサプリも、農場で厳しい健康管理や衛生管理体制で品質を確保しており、さらにメーカーでの製造過程で安全性の高い高品質のサプリメントを製造しているため安心と言えます。

しかし、重大な副作用の心配はありませんが、プラセンタはたんぱく質やアミノ酸でできているので、食品と同様に体調によっては、かゆみや発疹などのアレルギー反応(拒絶反応)が出る場合があります。

以下に副作用としての症状をまとめてみました。

・かゆみや発疹
・吹き出物、ニキビ
・顔や頭皮の皮脂の増加
・むくみ
・軟便
・生理の時期が早まる
・生理の時の出血量が多くなる

かゆみや発疹、吹き出物、ニキビ、むくみが現れた場合は、服用量を減らすことをおすすめします。それでも症状が治まらない場合は、服用を中止し医師に相談してください。

また、生理の時期が早まったり出血量が多くなった場合も、継続服用していると元に戻るので心配ないと言われていますが、生理の不順が続く場合は医師などの専門家に相談することをおすすめします。

また、口コミなどで確認されている副作用には、

・夜の早い時間帯に眠くなる
・眠りが浅くなる
・朝早く目が覚めてしまう
・夜中に目が覚める
・体重が増える
・胸が張る
・倦怠感
・便秘 

などがあります。

これらのプラセンタの副作用は、身体が順応するまでの一時的な現象「好転反応」によって引き起こされるとも考えられています。

プラセンタには不眠症の改善効果も期待されていますが、人によっては寝つきが悪くなることもあるようです。これは、プラセンタの自律神経を改善する働きによるものではないかと考えられています。ちょっとした興奮状態になって、眠りを邪魔することがあるのかもしれません。

以上のようにプラセンタには、このような副作用があるものの非常に稀なので、安心して服用することができると考えます。