0b54b649db7574fc9763930a1506461a_s
女性は30代から女性ホルモンが緩やかに減少し始め、40代の更年期に入り、40歳半ばから50歳近くになってくると、『閉経』が近づいてきます。


グラフのように45~50歳で閉経する方が50%、45歳以前の方が25%、50歳以上の方が25%という結果がでています。日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後と考えられています


2016-05-13_174304
ただし、早い方では30代で閉経する「早期閉経」になる方もいます。
早期閉経の原因としては、

1.喫煙
2.菜食主義
3.片方の卵巣を摘出している

などが挙げられます。


また、早発卵巣機能不全も早期閉経の原因となります。早発卵巣機能不全は40歳未満で4~6ヶ月無月経の状態が続き、高ゴナドトロピン値と低エストロゲン値というすべてが満たされた時に早発卵巣不全といえます。


早期閉経とは逆にもっとずっと遅い方もいます。閉経するタイミングは人によって異なることを覚えておきましょう。


そして、女性を悩ませる更年期は閉経前の5年間と閉経後の5年間のことなので、40代半ばから50代半ばにかけて更年期の症状が現れると言われています。


また、閉経のタイミングは女性ホルモンの急激な減少によって生理周期が乱れてから2~3年とも言われています。


更年期障害の症状やつらさのピークは平均で1~2年、長くて2~3年と言われていますが、これもかなり個人差がありさまざまです。


まだ、あきらめる必要はありません!更年期の救世主はコチラ!