d615ada4e9f170e4cff025d6de66b422_s
プラセンタと言えば馬や豚が有名ですが、羊のプラセンタも人気があります。その人気の理由が「人間のカラダに馴染みやすい」と言うことです。羊は人間の胎盤に近いアミノ酸組織を持っているので、カラダに馴染みやすく肌へ浸透しやすいというメリットがあります。


胎盤の大きさや出産回数も人間とよく似ているため、免疫反応が起こる確率も極めて低いと言われています。また、羊プラセンタには30種類以上のアミノ酸とプロテインが含まれており、「ほうれい線」「シミ」「しわ」「たるみ」などの年齢とともに増えてくるアンチエイジング効果も期待できます。


そんな羊プラセンタですが、商品が少ないことにお気づきでしょうか?プラセンタとして出回っている商品のほとんどが、馬か豚の胎盤を使用しています。実は、日本では羊プラセンタは製造されていません。


その理由は、2001年に厚労省が狂牛病のリスクを考えて「反芻動物(牛・羊)の胎盤を原料に使用してはならない」と通達を出したためです。反芻動物である羊は、狂牛病と似た症状のスクレイビーという特有の病気にかかることがあり、羊も牛と同じ偶蹄類のため、狂牛病に似た病気がないとは言い切れないのです。


その中でもニュージーランドは狂牛病が発生しておらず、現地では羊を医療用動物として化学物質や抗生物質、薬剤を一切使用せずに飼育することもあります。そのため、途中の処理が少なくて済むので、プラセンタ自体の素材を極力壊さず抽出でき、純度の高いプラセンタが得られます。


日本で手に入る羊プラセンタ関連の商品はすべてニュージーランドやスイスからの輸入品なので国内での流通量は非常に少ないのが現状です。もともと希少性が高い羊プラセンタに加え、さらに輸送料がかかるため高価であるのがデメリットです。