fb5b226d84672df60882a1a874abbe6b_s
更年期障害の特徴として、めまい、ほてり、頭痛、疲労感、動機、腰痛、自律神経の乱れ、などがありますが、体重増加も更年期の時期に起きやすくなります。


2016-03-27_191658更年期で太る理由は?

理由として女性ホルモン(エストロゲン)が減少します。エストロゲンは脂肪の代謝に大きくかかわるホルモンで、減ってしまうと脂肪の代謝が悪くなってしまいます。


さらに、加齢による基礎代謝の低下も要因です。エネルギーを消費する「筋肉」の量も低下することで、痩せにくい体質になってしまうのです。若い頃と同じ食生活をしていると、年間3㎏の体脂肪がつくと言われています。


更年期になると皮下脂肪より内臓脂肪に気を付けなければなりません。お腹をつまめるお肉が少ないのに腹囲が大きい場合は、内臓脂肪の可能性があります。


女性は内臓脂肪よりも皮下脂肪を溜めやすいと言われていますが、女性ホルモンの減少によって、内臓脂肪が蓄えられるようになってきます。


2016-03-27_191658更年期の正しいダイエット法

多くの女性が実践しているダイエット法といえば、食事制限や置き換えダイエット法です。食事制限や置き換えダイエットの成功率は6割以上と高いですが、一方で、その後90%もの人がリバウンドしています。理論的には食べなければ簡単に体重が減少しますが、その代償は大きくなります。


2016-03-27_191658更年期のダイエットはしっかり食べてやせる!

私たちが生きていく上で食事から栄養を摂り入れることが大前提です。筋肉をつくるにも、肌の再生であるターンオーバーを促すにも、全て食事から栄養を摂り入れるからです。


食事制限や置き換えダイエットではリバウンドだけでなく、肌も髪もボロボロになってしまいます。更年期に入る40代からのダイエット方法は、しっかりと栄養を摂って代謝をアップさせることです。代謝がアップすることにより体内の働きが活性化します。


ただし、しっかり食べると言ってもお菓子やケーキは減らしてくださいね。


更年期には更年期なりのダイエット法があります。即効性を求めるよりもカラダと相談しながら効率的に脂肪を燃やす工夫が大切です。少しの努力でも続けることで大きな結果につながりますよ。



⇒更年期のダイエットの救世主はこちら