d852fc72d8572bbbff1367b0a5cdf75b_s
40代50代になり、急な吐き気に悩んでいませんか?特に原因の分からない吐き気がよく起こって仕方がないと言う症状を訴える更年期(こうねんき)を迎えた女性が増えています。


更年期障害の吐き気は一般的な吐き気と違い長期間にわたります。一般的な吐き気とは、食べ過ぎ、呑み過ぎ、風邪や食中毒のウイルスなどが原因なので、一度吐いてしまえば楽になります。


しかし、更年期障害による吐き気は、生理があがりホルモンバランスの乱れが原因なので、妊娠中のつわりのように頻繁に気持ちが悪くなり長期間続くようになります。


そもそも、どうして更年期になると吐き気を感じるようになるのでしょうか?それには、いくつかの原因が考えられます。


2016-03-27_191658ホルモンバランスの乱れ

原因の一つとしてホルモンバランスの乱れがあります。卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌が減少すると、脳からは卵胞刺激ホルモンが分泌されます。エストロゲンと、卵胞刺激ホルモン、この二つのホルモン量のバランスが乱れることにより、吐き気をはじめとする、さまざまな症状がカラダに現れてきます。


2016-03-27_191658ストレスが原因の吐き気

更年期に入ると女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが崩れてきます。40代・50代の女性は特に育児や仕事、親の介護なども始まってストレスが溜まりがち。ストレスによって吐き気が起こる可能性も考えられます。


2016-03-27_191658他の病気の可能性

吐き気の原因が更年期障害でなかったとしても、体調的に考えると様々な変化が起こりやすい時期です。それが、病気による吐き気のケース。


更年期になると、更年期障害だけでなく、免疫の低下、体力の低下、身体の老化により様々な病気を発症しやすくなります。


たかが吐き気と放っておくと、重大な病気が隠れている可能性もあります。自己判断せずに、少しでもおかしいと思ったら他の病気の可能性も含め、しっかり検診を受けてください。