65bdaefb75fee6b9bf0a6bdf9b3a564f_s
日本人の女性の平均的な閉経年齢は約50歳です。そしてこの閉経を前後して各5年間のトータル10年間が女性の更年期と呼ばれます。

個人差はありますが大体45歳から55歳までの期間、女性のカラダは女性ホルモンの急激な減少に対応しきれずに、様々な不調(不定愁訴)を起こします。様々な不調の一つに肌トラブル(肝斑)があります。

肝斑(かんぱん)は、更年期以外にも妊娠中の女性や産後の女性また、経口避妊薬(ピル)を服用している人にも良く起こると言われています。しかし、更年期に差し掛かった半数の女性が肝斑を自覚していることも特徴です。

肝斑は目の周りを避け、左右対称に頬やひたいにシミが広がるという症状が見られます。肝斑の原因は女性ホルモンのバランスが関係しています。特に女性ホルモンの中でも、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンの働きが大きく影響すると考えられています。

しかし、閉経を迎えるころには症状を訴える人はほとんどいなくなり(肝斑自体が自然に消えてしまう場合もあります)、正確には「徐々に薄くなる」と言うのが正解です。

さらに、高齢期においてはほぼ発症は見られません。そのため、女性ホルモンの分泌量が、肝斑の発生原因になっていると言われています。

女性ホルモンのバランスさえ整えば、徐々に薄くなっていくものなので、内服薬や塗り薬を使用して薄くする改善法も良いですが、女性ホルモンを整える、生活習慣や食事も非常に大切になってくるのです。