a74964e912dbf3aa2036b8bba170bd44_s
女性は男性と違い乾燥肌の方が多くいます。乾燥肌は肌荒れの原因になりますが、更年期になると更に肌荒れが進んでしまう場合があります。


その原因の一つが「女性ホルモンの減少」です。女性ホルモンの中のエストロゲンが減少することにより皮脂の分泌量のコントロールができなくなり、ニキビや吹き出物、毛穴の詰まりや角栓など肌トラブルの原因となってしまうのです。


健康な肌には適度な皮脂の分泌が必要です。しかし、更年期になり女性ホルモンのバランスが崩れると皮脂の分泌量も低下していきます。その結果、肌は乾燥しやすくなりバリア機能が衰えます。


バリア機能が衰えると肌は敏感に反応するようになり、赤みやかぶれ、かゆみを伴うことが多くなります。


また、更年期には新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなります。そのため肌荒れは顔だけでなく、全身に現れることもあります。腕や背中がカサカサしたり、皮膚が薄くなってしびれを感じることもあるのです。


更年期障害はホルモンバランスが崩れる病気です。必要なら病院で診察してもらうことをおすすめします。まずは皮膚科に行って診てもらい特にこれと言った原因が無ければ更年期障害の可能性が高くなりますので、更年期外来あるいは婦人科を紹介してもらうのが良いでしょう。


⇒更年期の肌荒れの救世主はコチラ!