803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s
美容と健康に効果が高いとして古来より人々の脚光を浴びてきたプラセンタ。現代でも、さまざまな美容効果や健康効果が期待できるプラセンタですが危険性がないのか不安に思う人も少なくないようです。


ここでは、注射・化粧品・サプリメントの危険性につい紹介します。


2016-03-27_191658プラセンタ注射

医療行為のプラセンタ注射は、1956年に厚生労働省より認可を受けた保険も適用になる注射製剤です。プラセンタ注射のプラセンタは国内のヒトの胎盤を原料として作られています。限られた製造会社で健康なヒト胎盤の選別、ウイルス・細菌の除去を行ってプラセンタ注射製剤を作っています。


危険性としては感染症の報告などは無いため、心配はほぼないと言ってよいでしょう。しかし、ヒトの胎盤を使っているために、理論上は狂牛病である、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病への感染が完全に否定できないとも言われています。そのために、医療でプラセンタ注射を一度でもした方は献血ができません。


2016-03-27_191658プラセンタ化粧品

プラセンタ化粧品は肌の新陳代謝を改善することで、肌荒れやシミなどを抑制したりと、美白とアンチエイジングの効果が期待できます。プラセンタ配合の化粧品は価格が高めになっていますが、その効果の高さから使っている人も多いです。


危険性としてはプラセンタの原料は、馬や豚、羊など動物の胎盤を使用しているため、アレルギーなどの危険があります。 本人の体質や体調にもよりますが、肌が赤くなったり、かゆみが出るという人がいます。これは、プラセンタは高分子のタンパク質も含まれているため、カラダが異物と認識することでアレルギー反応が出る場合があります。


アレルギーが心配な方や、皮膚が敏感な方は使用する前に皮膚科でパッチテストなどを受けてアレルギー反応が起きないか確認することも一つの手です。


2016-03-27_191658プラセンタサプリメント

プラセンタには各種アミノ酸や成長因子が含まれています。その成分が新陳代謝を促して肌を活性化したり、免疫力を高める働きなど、さまざまな作用があります。


その作用により、更年期障害・冷え性・貧血・美白・アンチエイジング・疲労回復・等に効果があると言われ根強い人気があります。


危険性としては、こちらもアレルギー反応が出る場合があります。プラセンタには各種アミノ酸やタンパク質が豊富に含まれているため、まれにかゆみや発疹などが出る場合があります。アレルギー体質の方は摂取する際には十分な注意が必要です。


さらに加熱処理をしてないものは注意が必要です。基本的にプラセンタは、雑菌やウイルスクリアランス試験がきちんとされているので安全ですが、「生」や「フレッシュ」など加熱処理をしてない表示があるものは、ウイルスの存在を否定できないので注意した方がよいでしょう。