gazo
美肌やエイジングケアに効果を発揮する美容成分として、注目を集めているプラセンタ。プラセンタの最大の特徴が新陳代謝の促進です。毛細血管の血流を良くして肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進することで、メラニンを含んだ古い角質がはがれ落ちるのを促します。それにより、色素沈着してできてしまったシミやくすみなどを改善する働きがあります。


ここからはプラセンタに含まれるさまざまな成分を紹介します。


2016-03-27_191658活性酸素の除去効果

活性酸素はカラダをサビさせてしまいます。そして、酸化はカラダを老化させて多くの病気、肌のシワ、シミ、かゆみなどの原因となる美容、健康の大敵です。


プラセンタに含まれるビタミンC、E、ミネラル、活性ペプチドには「抗酸化作用」があり、カラダのサビの原因となる活性酵素を除去し、シミやシワといった老化現象を防ぐ効果が期待されています。


さらに、表皮の細胞を破壊して老化させる「過酸化脂質」を減らすビタミンBも含まれており、エイジングケアに高い期待が持たれているのです。


2016-03-27_191658コラーゲンの生成

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、カラダを構成する全たんぱく質の約30%を占めています。さらにコラーゲンは細胞間の隙間を埋めて細胞同士がバラバラにならないように結合する働きがあります。


しかし、加齢によりコラーゲンが減少すると細胞同士をつなぎ止めることができなくなり、その結果、シワやたるみが発生してしまいます。


プラセンタの成分である成長因子には線維芽細胞や角化細胞を活性化させる作用があり、コラーゲン生成を促進するとされています。


2016-03-27_191658血行の促進と皮膚の再生促進

血行不良によって起こる代表的な肌トラブルの一つが肌のくすみ。血流の低下によって肌の赤みが減少すると、黄色みや黒ずみが目立つように見えてしまうのです。また、皮膚の新陳代謝が悪くなることで角質が厚くなり、メラニン色素が沈着して肌の透明感も失われてしまいます。


プラセンタの血行促進作用で、皮膚への栄養や酵素の供給もスムーズになり、皮膚を健やかな状態に導きます。また、老廃物もスムーズに排出されるので肌トラブル予防も期待できます。


2016-03-27_191658保湿効果

美白の条件に「潤い」は欠かせません。しかし、肌が乾燥すると肌表面の角質層が乱れやすくなり、外部からの刺激に抵抗する力(バリア機能)が下がります。すると化粧品がピリピリとしみたり、肌荒れになったりしやすくなります。


プラセンタに含まれているNMF(天然保湿因子)。NMFは肌の潤いを保つ大切な要素です。プラセンタにはこのNMFの主成分であるアミノ酸が豊富に含まれているため、保湿力を高めるとされています。


プラセンタに含まれる成分には成長因子を始め、肌をきれいにするさまざまな成分が含まれています。プラセンタでふっくらとハリのある肌を目指しましょう。