d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s

プラセンタにはサプリメント、ドリンク、化粧品とさまざまな商品に使われ、厚労省も認めるほどの有効性が確認されています。

プラセンタ化粧品には原液のプラセンタをそのまま使用した「美容液」や化粧水、乳液、石けんなどに配合された「プラセンタ配合化粧品」の2つがあります。

プラセンタ配合の化粧品は、サプリメントやドリンク同様に多くの商品が出回っているので、「自分に合った商品が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

プラセンタ化粧品にはアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は肌の角質細胞の中にある天然保湿成分の主成分で、ターンオーバーを正常に保つ働きもあります。

しかし、生活習慣や歳を重ねることで天然保湿成分は減少しその結果、潤い不足の原因になります。さらに水分を挟み込んで逃さない作用があるセラミドも減少してしまいます。

プラセンタ配合の化粧品はアミノ酸が肌に浸透することにより天然保湿成分やセラミドの生成を促進してくれます。また、ターンオーバーを調整する効果もあるので、肌のバリア機能が低下している場合には効果が実感しやすいです

2016-03-27_191658プラセンタ化粧品の正しい選び方

プラセンタ化粧品にも植物由来や魚由来のプラセンタを使った商品もあります。しかし、これらには「成長因子」は含まれていないのでアンチエイジング効果は期待できません。

成長因子とは、「細胞分裂を活発にし、特定の細胞を臓器へと作り変えていく」働きをしてくれます。カラダの中に摂り込まれると、全身の細胞が活性化され、新陳代謝をアップさせる効果があります。

この「成長因子」が含まれているのが動物由来のプラセンタになります。

動物由来のプラセンタには主に馬、豚があります。豚プラセンタを選ぶ場合には「SPF豚」がおすすめです。SPF豚は日本SPF豚協会の認定農場で育てられ、徹底した管理下で飼育されているので不純物が少ないのが特徴です。

馬プラセンタを選ぶ場合は、サラブレッドを選びましょう。血統書がしっかりしたサラブレットは抗生剤やホルモン剤が投与されないので、プラセンタを安心して利用することができます。

2016-03-27_191658プラセンタの抽出方法をチェック

いくらSPF豚や血統がしっかりしているサラブレッドの胎盤を使用したとしても、抽出法の違いで品質に大きく影響してしまいます。

抽出法には「培養細胞法」「酵素分解法」「凍結融解法」「凍結酵素抽出法」「メーカー独自の抽出方法」など、さまざまな抽出法があります。それぞれの抽出法にメリット・デメリットがありますが現在、主流になっている抽出法が「酵素分解法」と「凍結酵素抽出法」です。

どちらも胎盤の有効成分をできるだけ壊さないよう高い技術でエキスを抽出する方法です。
ただし、いずれも費用がかかる方法のため、他の抽出法と比べると必然的に商品の値段も高くなりますが、その分効果は絶大です。

2016-03-27_191658プラセンタの含有量をチェック

プラセンタを一切加工していないものを「原液」といい、水を加えず抽出したものを「純液」といいます。さらに原液や純液を濃縮させて粉末状にしたものもあります。

プラセンタ化粧品は、サプリメントやドリンクのように、どのくらい含有量があるかは知ることができません。そのため、プラセンタの濃度にこだわるなら、薄めていない原液もしくは純液100%のプラセンタ美容液を選びましょう。

プラセンタ化粧品もサプリやドリンクと同様にメーカーの情報をしっかりとチェックすることが大切です。化粧水や乳液、石けんは毎日使うものですから安易に安い物を選ぶことだけは避けた方が良いです。