98bc79259fb941cd1fbb33ec7221f8a7_s
「栄養の宝庫」といわれるプラセンタですが、プラセンタと併用することで、効果を弱めてしまったり、副作用を起こすようなことがあるのか心配ですよね?


結論としてはプラセンタと他のサプリメントを併用しても特に問題はありません。プラセンタは医薬品ではなく、健康補助食品に該当するため、副作用も考えにくく、他のサプリメントとの併用によってカラダに害を及ぼしたり問題を引き起こすことはないようです。


しかし、抗生剤や喘息の治療薬等、医薬品として薬を使用している場合は、プラセンタが原因でその薬の効果を弱めてしまう可能性が高いので併用は避けた方が良いかも知れません。


特に、利尿剤や抗生剤等、「ph8.5以上の強塩基性の薬剤」は注意が必要で、プラセンタと併用するとお互いに効力が半減してしまうようです。


心配であれば、かかりつけのお医者さんや薬剤師の方に相談してみるといいでしょう。


プラセンタは他のサプリメントを併用しても問題ありませんが、プラセンタの効果を半減させてしまう食品があります。


プラセンタは肌のコラーゲンを生成してくれる女性にとっては嬉しい成分です。コラーゲンは「肌老化を防止する」働きがありますが、このコラーゲンの生成を妨げる食品が「ジュース」などの糖分が多い飲料水や「焼肉」や「ギョーザ」など焼き色が付く食べ物です。これらの食品は「糖化」という現象を起こします。


糖化とは、たんぱく質や脂質が体内にある「糖」と結びつく現象のことです。この糖化生成物は一度できてしまうと分解されす、どんどん体内に蓄積していきます。糖化が進むと肌全体を黄色くくすませて老化を促したり、肌全体が硬化して柔軟性を失うため老けた印象を与えてしまいます


しかし、これらの食品を「絶対に食べてはいけない」ということではありません。何事もそうですが「摂り過ぎ」は良くありません。普段の食生活の中で少し気をつけるだけでも違ってくるので、あまり神経質にならないようにしましょう。


最後にプラセンタと他のサプリメントを併用しても害はありませんが、大前提として、1日の適用量だけは守るようにしてください。