e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s
プラセンタといえば、肌のハリやシミ、しわなどのアンチエイジングの対策として美容目的で使われるのが主流ですが、最近では更年期障害の改善サプリメントとして注目を集めています。


プラセンタ注射は比較的効果を実感するのが早いと言われていますが、何度もクリニックに通わなければならないこと、痛み、保険適用でないと、費用も高くなってしまうなどのデメリットもあります。


そこで、手軽にプラセンタを摂りたいならば馬や豚の胎盤を使ったサプリメントになります。プラセンタ注射に比べると、即効性はありませんが続けることにより効果を実感することは可能です。


2016-03-27_191658プラセンタが更年期に有効な理由

更年期症状の中でも「不定愁訴」と言われる症状が最もつらいと言われています。この不定愁訴は「頭痛や吐き気、イライラする、めまいやほてり、疲労感」など心身に悪い症状が出るにも関わらず、直接的な原因が不明とされています。他にも、人によってさまざまな症状が現れ、日によって症状の強弱や種類も違ってくる非常に不安定なものです。


プラセンタが更年期のつらい症状に有効な理由として、プラセンタは女性ホルモンの減少を抑える効果と、生産を促す作用、自律神経のバランス調整作用の2つの相乗効果で、カラダの中のホルモンを正常に保ち、乱れた自律神経を調整するのに適していると言われています。


ホルモンバランスが整うと精神面も安定するので、自律神経失調症や不眠、うつ症状などの改善にもつながり、更年期女性のカラダに良い効果をもたらしてくれます。


最近では、女性ホルモン(エストロゲン)を注射や飲み薬、貼り薬などで補填する「女性ホルモン補充療法」(HRT)などの対処療法もありますが、副作用や過剰摂取によるがん発症などの報告もあり、不安を感じる女性が多いと聞きます。


プラセンタサプリメントなら副作用の心配もほとんどなく、カラダの働きを整えるビタミン、 ミネラル、核酸、酵素といった生理活性成分、細胞の新陳代謝を促す成長因子などの栄養素を豊富に含んでいる事から、続けることにより効果もかなり期待できます。