75820fa42c101f17ab487406b42226f0_m
最近、若年性更年期障害の女性が増えてきているようです。更年期障害は45歳~55歳の女性に訪れますが、若年性更年期障害は20歳~30歳の女性に訪れる障害のことです。症状も生理が不規則になる、ほてり、手足が冷たい、頭痛など、更年期障害と似た症状が発症します。


しかし、更年期障害と若年性更年期障害には大きな違いがあります。更年期障害は「ホルモンバランスの崩れ」ですが、若年性更年期障害は「ストレス、不眠、不規則な生活」などが原因で起こるとされています。


更年期障害と似た症状が出るので間違われやすいのですが、2つのことが要因として考えられます。


一つ目の要因が「自律神経失調症」です。ストレスによる自律神経失調症から卵巣が機能不全となり、月経不順等が現れます。


二つ目の要因が「月経前症候群(PMS)」。月経前にイライラしたり、集中力がなくなったり、気持ちが落ち込んだりします。


2つの要因は更年期障害でも同じような症状が現れるので、「更年期障害?」と、心配される方もいますが若年性更年期障害と更年期障害は全くの別物です。


2016-03-27_191658若年性更年期障害の原因

では、若年性更年期障害の原因は何でしょうか?一番の原因とされているのが「ストレス」です。仕事や家事、育児にと現代の女性は男性以上に忙しく、それに伴いストレスも増えていきます。


女性のカラダはデリケートです。女性ホルモンの分泌は卵巣だけではなく、脳も深くかかわっています。脳の視床下部から脳下垂体に指令が出ることで卵巣を刺激するホルモンが分泌されます。ところが、視床下部は自律神経の中枢でもあるため、ストレスが加わると、自律神経の働きが混乱しホルモンバランスが崩れることによりさまざまな症状が出てくるのです。


また、過度のダイエットや不規則な食生活も原因になっています。特に短期間で体重が激減した場合、体は栄養失調の状態にあります。そのため、カラダは生命活動を優先させようとする結果、月経が止まってしまうのです。これを、体重減少性無月経と呼ぶこともあります。


2016-03-27_191658若年性更年期障害チェックリスト

若年性更年期障害は更年期障害とは違いますが症状の出方は更年期障害の症状に似ています。以下のチェックリストを目安にして当てはまる項目があれば注意が必要です。


1.月経不順や月経痛がある
2.寝つきが悪い
3.手足の冷え
4.動悸・息切れ
5.イライラする
6.顔がほてる
7.急に汗をかく
8.肌荒れが治らない
9.疲れが抜けない、常にだるい
10.やる気が出ない
11.のぼせ、めまい、耳鳴りがする
12. 肩こりや腰痛が治らない


このように、若年性更年期障害によって引き起こされる症状は1つではありません。当てはまる項目が多いようであれば、若年性更年期障害の可能性が考えられますので、婦人科を受診することをおすすめします。