b2d78e19efd9441ef477dcf45e83c6c4
女性なら避けて通れない更年期障害。更年期には、ホルモン分泌のバランスが乱れから「顔やカラダが急にほてる」「急に大量の汗をかく」「イライラする」「不安になる」と言ったさまざまな症状がでてきます。


そんな更年期の症状の中でもあまりよく知られていないのが「体臭」です。男性の加齢臭は有名ですが、40代以上の女性の場合も「加齢臭」が気になり始めます。男性に比べると、比較的症状は軽めの場合が多いものですが、若いころとは明らかに違う体臭がにじみ出てきます。


2016-03-27_191658臭いの原因は女性ホルモンの減少

更年期の女性の体臭の原因は「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」です。女性ホルモンの減少は、自律神経を乱す原因になります。自律神経は汗を出す調整を担っていますが、自律神経が乱れることにより汗腺の働きのバランスも崩れ「アポクリン汗腺」が優位になり、臭いの元を作ります。


女性は通常、女性ホルモンの方が男性ホルモンを上回るのですが、更年期になるとこれが逆転します。男性ホルモンの割合が高くなることでアポクリン汗腺が強くなり皮脂の分泌が増え、加齢臭に繋がっていくのです。


2016-03-27_191658更年期の加齢臭対策

・食生活で改善

更年期の加齢臭の原因は女性ホルモンの減少ですから、この女性ホルモンを補うことにより改善が見込まれます。女性ホルモンを補う食材として、大豆イソフラボンの摂取が効果的です。


大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用のあるダイゼインという成分が腸内細菌によって「エクオール」という成分に変化し、これが更年期のさまざまな症状に効果的に作用するといわれています。


また、ざくろ・いちじく・ごま・エンドウ豆・・アボカド・かぼちゃ・オリーブオイル・キャベツなども女性ホルモンを補う食材ですので、普段の食生活の中に意識して摂り入れるようにしましょう。


・お風呂に入って改善

入浴はカラダを清潔に保つには一番効果があります。できればシャワーで終わりではなく、湯船に浸かりカラダを温めることが大事です。できれば半身浴がおすすめです。半身浴の場合、自然と上半身から汗が出るため、汗腺につまった皮脂汚れを落とすことができます。


洗髪の際は髪の毛を洗うというよりも、「頭皮を洗う」ことを意識しましょう。臭いの元は頭の汗腺にあります。


・生活習慣を改善しストレスを溜めない

自律神経の乱れを正すことも必要です。自律神経は、ストレスが強いと加速度的に乱れ始めるので、睡眠不足や生活習慣、ストレスを緩和することも重要です。


ほとんどの方が小まめなスキンケアや適度に体を洗って汗を流すこと、大豆食品を食べることなどで回復しています。まずは、更年期の体臭の原因を取り除く努力をしましょう。